HOME > 

保険とは?

保険とは、火災や死亡などの偶然に発生する事故により、生じてしまう経済的な不安に備え、多数の人が掛け金を出し合って、それを資金として、事故などに遭遇した人に一定の金額を給付する制度です。これを分かりやすく言うと、万が一の不足の事態に備えて金銭的な保障をしてくれるものと言えます。
保険の中にも、いろいろな種類があり、火災保険や生命保険、がん保険、地震保険、自動車保険などがあります。その中の自動車保険は、交通事故などで発生した損害賠償を保障してくれる保険です。
もし、自動車保険に入っていない場合に事故を起こしてしまったら、事故が小さい場合だと簡単に支払える金額かもしれませんが、相手に重い後遺症が残ってしまったり、最悪の場合は、死亡させてしまったりするかもしれません。そのような場合には、億単位の賠償金を支払わなければいけません。そのような場合に、自動車保険に入っていれば、保険会社が治療費や車の修理代などを支払っれくれます。

このページの先頭へ

自動車保険とは?

自動車保険には、大きく分けて「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があります。また、農協や全労済などで取り扱うものは、自動車共済と呼ばれています。
自賠責保険は、全ての自動車と原動機付自転車を運転する場合には、必ず加入しておかなければいけない保険で、強制保険と呼ばれています。これは、自動車損害賠償保障法という法律で決められているので、もし自賠責保険に加入せずに自動車を運転している場合は、厳しい罰則があります。
また、任意保険は、名前の任意のように、自由に加入するかしないかを決めることのできる保険です。しかし、加入するかしないかが自由でも、自賠責保険だけでは事故を起こした場合に被害者への補償金額が足りない場合が多いので、一般的には、任意保険にも加入するのが常識となっています。

このページの先頭へ

ノンフリート契約とフリート契約は?

自動車保険のうち、個人向けのノンフリート契約と、企業向けのなるフリート契約があります。
ノンフリート契約は、事故率が低い人を優遇してくれる等級別料率制度を採用していて、等級により保険料率が変化します。もし、事故などを起こして保険金が支払われたら、等級が下がるので、翌年以降の保険料は増額されます。
フリート契約は、ある一定期間の事故率を審査して、翌年度の保険料にそのまま反映される仕組みとなっています。フリート契約の方が保険料は安い場合が多いですが、一度事故を起こして保険金が支払われると、そのまま反映されてしまうので、大きな事故が発生した場合は、翌年以降の保険料が急激に増加してしまうというリスクがあります。

このページの先頭へ

HOME >